表情筋を鍛えると表情も豊かに魅力もアップ!

顔の筋肉も体と同じ!

スキンケアで表面からお手入れをるだけでなく、ふだんから顔の筋肉を鍛えることもしわやたるみ解消には大切です。

顔の筋肉へアプローチ

顔には、骨の上に表情筋とよばれる筋肉があり、その上に皮膚があります。体を動かす筋肉と、表情筋はどちらも同じ骨格筋ですが、体は骨と骨とを結ぶ筋肉なのに対し、表情筋は皮膚と骨、皮膚と皮膚をつないでいます。そのため、加齢によって表情筋が衰えて下がると、皮膚もいっしょに下がり、たるみにつながります。しかも、表情筋は日常生活では2~3割程度しか使われていません。体を鍛えるように、顔の筋肉も意識的に鍛えることで、筋肉を上げれば、皮膚も引き上がります。

たるみ&小じわを改善

目の下のたるみや小じわを解消するために鍛えたいのが「眼輪筋」です。まず力を入れすぎないよう舌を軽くかみながら、下まぶたを引き上げます。目をうすく閉じるイメージで、下まぶたに意識を集中して30秒キープします。次に舌を軽くかんだまま、左右交互(5回ずつ)にゆっくりとウインクをします。このとき、目は軽く閉じる程度でOK。かたく目を閉じてしまうと、かえって目尻にしわをつくるくことに!ウインクはとにかく軽くが鉄則です。

ほうれい線もうすくなる!

老け顔を決定づけてしまう、ほうれい線。ほおの位置を高くするエクササイズと、ほうれい線を伸ばすストレッッチで改善されます。ほおの位置を確認したあと、前歯の歯ぐきをむき出すイメージでほおを引き上げます(30秒キープ)。あごには力を入れないように注意しながら、ほおがじわ~っと温かくなるのを感じて。そして刻まれてほうれい線を伸ばすストレッチ。口を大きくたれに開けてほおを伸ばし、5秒キープします。ほお全体の筋肉がほぐされ、ほおのたるみも防ぎます。

しわは、加齢や湿度低下による乾燥、紫外線によるダメージなどが原因でできます。保湿や紫外線対策が予防に効果的です。